menu

セラミック治療 CERAMIC

セラミック治療とは? CERAMIC

セラミック治療とは、保険診療で入れた金属の詰め物や被せ物を、自由診療のセラミック素材に入れ替えることをいいます。セラミックは単に天然歯とそっくりな見た目を再現できるだけでなく、歯にぴったりと併せられる精度の高さから、虫歯の再発率を下げることにも役立つ素材です。審美面・機能面ともに優れているからこそ、セラミックは多くの方に選ばれています。

こんなお悩みありませんか? WORRIES

  • 保険で入れた銀歯が目立つ
  • 差し歯が変色してきた
  • 金属アレルギーが気になる
  • なるべく虫歯の
    再治療をしたくない

セラミックの種類について

  • e-max

    陶器素材を歯科専用に開発した、二ケイ酸リチウムガラスを主成分とした強度が高い素材です。さまざまな色を再現することができ、透明感も兼ね備えているなど、天然の歯に最も近い見た目を再現できる素材だと言われています。

    しかし、ある程度の厚みがなければ割れてしまうことから、金属と比べて少しだけ歯を多く削る場合があります。

  • オールセラミック

    セラミックならではの色彩の豊かさと透明感があり、前歯の治療に最適な素材です。セラミックは非常に天然歯と近い特徴を持っており、周りの歯と同じように伸び縮みするため、歯との隙間が空いて取れてしまうリスクが低くなっています。

    装着時には特殊な接着剤を用いて歯との一体化を図ることから、虫歯が再発する可能性を、最小限に抑えることが可能です。また、表面がつるつるしているため汚れや細菌が付きにくく、口内を清潔に保ちやすいというメリットもあります。

  • ジルコニア

    ジルコニアは人工ダイヤモンドにも使用されている、非常に硬くて丈夫な素材です。部分的な詰め物と被せ物の両方に使用できます。オールセラミックやe-maxに比べると多少再現度は落ちますが、天然歯に近い見た目に作り上げることが可能です。

    また、ほとんど経年劣化がないことから、きちんとメンテナンスを受けていれば長く使い続けることができます。表面が滑らかで汚れが付きにくく、虫歯や歯周病の予防に役立ちます。

メタルフリー治療に対応しています

メタルフリー治療とは、詰め物や被せ物に金属を含む素材を使わない治療法 をいいます。保険診療で使われている銀歯は、経年劣化によって虫歯の再発を招きやすい、金属アレルギーの原因になるなど、様々な問題があります。そこで開発されたのが、歯科用樹脂やセラミック、ジルコニアといったノンメタル素材です。

銀歯によるアレルギーは、口内炎などのお口のトラブルだけでなく、原因不明の身体のしびれや疲労など、様々な症状として現れます。また、劣化による虫歯の再発により治療を何度も繰り返していると、大切な歯を早期に失うことになるのです。 そのような観点から、当クリニックではメタルフリー治療をおすすめさせていただいています。

当クリニックは「セラミスト」と連携しています

人工の歯を作る人たちは「歯科技工士」と呼ばれていますが、その中でもセラミックを専門に取り扱う人のことを、「セラミスト」といいます。セラミックは透明感と豊かな色相があり、天然の歯と遜色のない見た目を再現することができます。しかし、その実現のためには「色合い」「形態」「精密さ」を兼ね備えている必要があるのです。それらの条件を満たした技工物を作製するためには、作り手に高い技術力があることが大前提となります。

当クリニックでは、国内でも屈指の審美歯科治療専門グループに所属していたセラミストと密な連携を取りながら、セラミックの詰め物・被せ物の作製を行っています。患者様のお口にぴったりと合う、審美性と機能性を併せ持った詰め物・被せ物を、ぜひ一度ご体験ください。

タップで電話する 078-200-5507 ネット予約はこちら ネット予約はこちら