menu

小児歯科 PEDIATRIC

当クリニックの
小児歯科への考え方
WAY OF THINKING

クラッセ歯科・矯正歯科クリニックでは「お子さまの歯に虫歯を作らず、銀歯のない状態で大人になってほしい」という目標を持って、小児歯科のご提供を行っています。虫歯にならないためには、幼い頃からしっかりと予防に取り組んで、強い歯を作ることが大切です。当クリニックに通ってくださっている全てのお子様が、一度も治療を受けたことがない「白く輝く美しい歯」を持って成長していくという夢を、クラッセ歯科・矯正歯科クリニックとともに現実にしませんか?

小児歯科の重要性

親御様の中には、乳歯は生え変わるから虫歯になっても大丈夫だとお考えの方がおられるようです。しかし、乳歯には下から生えてくる永久歯が並ぶためのスペースを確保するという、重要な役割があります。

虫歯によって早すぎるタイミングで抜歯をしてしまうと、歯並びがガタガタになってしまう可能性が高くなるのです。また、乳歯から永久歯に虫歯を移すケースも多いことからも、治療をおろそかにしてはいけないことがわかります。お子様に虫歯ができたら、すぐにご相談へいらしてください。

当クリニックの
予防処置について

  • フッ素塗布

    フッ素には定期的に歯に塗布することで、エナメル質を強化する働きがあります。また、虫歯菌が酸を作る活動を抑制できるなど、虫歯になりにくい口内環境作りに役立ちます。お子様向けに味のバリエーションが豊富なタイプもあります。昨今ではフッ素入りの歯磨き粉なども販売されているなど、ご自宅での虫歯予防におすすめです。

  • シーラント

    歯ブラシの毛先が届かない奥歯の溝に、細菌や食べかすが入り込まないようにするために、歯科用プラスチックで埋める予防処置をシーラントといいます。お子様の歯は大人と比べて柔らかいため、虫歯になるとあっという間に悪化する傾向があります。そのため、生えて間もない6歳臼歯や奥歯にシーラントを行うことで、まだ弱い歯が虫歯にならないように守っていきます。

  • プレオルソ

    プレオルソは、舌や唇、頬を含めたお口周りの筋力を鍛えるトレーニングによって歯、顎、顔の正常な成長発育を促す筋機能療法装置の一種です。幼い頃から口腔周辺筋肉を鍛えておくことで、食べ物を噛む・飲み込む、話す、鼻呼吸をする、笑うなどの働きをサポートします。シリコン由来の柔らかいマウスピース装置を使用しており、学校から帰ってからと夜間に寝る時のみ装着するだけなので、お子様が嫌がりにくいのが特徴です。

  • ブラッシング指導

    虫歯を予防する方法として最も重要なのは、毎日の歯磨きです。当クリニックでは、お子様自身にブラッシング指導を行うのと同時に、親御さまにも仕上げ磨き方法のご指導を行っています
    歯列のどこに汚れが溜まりやすいのか、歯ブラシをどう動かせば汚れを落としやすいのかなどを、わかりやすく丁寧にお伝えします。

マタニティ歯科について

当クリニックでは、予防先進国スウェーデンで推奨されている「マイナス1歳からの予防歯科」という考えを大切にしています。お子様の歯が生えてくるのは生まれてしばらく経ってからですが、歯そのものが作られるのは妊娠6週~7週目です。その時期に歯を作るのに必要な栄養をしっかりと取ってあげることが、丈夫な歯を育てる第一段階だといえます。

しかし、お母様のお口の中に虫歯や歯周病があると、おなかの中にいる赤ちゃんも、虫歯や歯周病になるリスクを背負うことになります。お母様が口内を清潔に保つことが、そのまま赤ちゃんの健康にもつながります。ぜひ妊娠がわかったタイミングで、当クリニックのマタニティ歯科をご利用いただければ幸いです。

保護者の皆様へ

クラッセ歯科・矯正歯科クリニックでは、お子様にとって通いやすい歯科医院とは何かを考えて、様々な工夫を行っています。お子様が怖がっている場合には、無理矢理押さえ付けてまで治療をすることはありません。まずは治療器具に触ってもらったり、どんな音がするのかを聞いてみたりして、慣れて行くように練習を繰り返します。

歯科医師・スタッフともに、「歯医者さんは怖くないところ」だと理解してもらうために、お子様の目線に立って接することを心がけております。お子様が歯科医院嫌いでお悩みの方は、ぜひお気軽に当クリニックへご相談ください。

タップで電話する 078-200-5507 ネット予約はこちら ネット予約はこちら